ハワイ産コーヒー豆の特徴と種類

    アメリカ唯一のコーヒー豆の生産地であるハワイ。

    ハワイのコーヒー豆にはコナコーヒーやカウコーヒーなどがあります。

    この記事では、ハワイのコーヒー豆の特徴から豆の種類や風味までご紹介しています。

    目次

    ハワイはアメリカ唯一のコーヒー豆産地

    ハワイはアメリカ唯一のコーヒー豆産地

    アメリカ国内では唯一のコーヒー豆生産地と言われているハワイ州。

    ここでは、ハワイ産コーヒー豆がお土産品として人気な理由や栽培の歴史、環境について詳しく解説します。

    ハワイのお土産としても人気のコーヒー豆

    ハワイ産コーヒー豆がお土産として人気の理由は、品質の高さにあります。

    特にハワイ産コーヒー豆の中でも有名な銘柄、コナコーヒーは最高品質のコーヒーを指す「スペシャルティコーヒー」の一つです。

    他にもコナコーヒーを使用したバタークリーム、「コナコーヒーバター」も同様にお土産品として多くの人気を集めています。

    ハワイのコーヒー豆の歴史

    ハワイに初めてコーヒーが渡ったのは1825年のこと。

    イギリスへ訪問した国王夫妻に追随していたオアフ島総督ボキは、帰路で立ち寄ったブラジルに立ち寄ります。

    そこで入手したコーヒーの苗木をハワイに植えたことが、現地でコーヒー栽培が行われるようになったきっかけといわれています。

    ハワイのコーヒー豆の気候や栽培環境

    ハワイ産コーヒー豆の主な生産地はコナ地区です。

    コナ地区は、「コーヒーベルト」と呼ばれるコーヒー栽培に最適な地帯に位置しています。

    また、肥沃な火山性土壌や標高差による1日の寒暖差、温暖な気候、豊富な雨量と日射量などの条件が揃っており、良質なコーヒー豆を生産できるのが特徴です。

    他にも、コナ地区と並びカウ地区もコーヒー豆の生産地として知られています。

    ハワイの最南端に位置するマウナロア火山付近のエリアで、赤土を豊富に含んだ土壌でから美味しいコーヒーが育つのです。

    ハワイのコーヒー豆の特徴

    ハワイのコーヒー豆の特徴

    ハワイ産コーヒー豆の味や香りは愛好家たちを魅了してやみませんが、その風味や特徴について解説いたします。

    ハワイのコーヒー豆の味や香り

    ハワイ産コーヒー豆は、柔らかい酸味と甘い香りが特徴です。

    銘柄により詳細な酸味の特徴や強さは異なりますが、全てにおいてフルーティーな味わいに仕上がっています。

    ハワイのコーヒー豆のグレード(等級)

    ハワイ産コーヒー豆は、豆の大きさや混ざっている欠点豆の数や割合によりグレードが分けられています。

    スクリーンと呼ばれるコーヒー豆用のふるいにかけ、そのサイズにより次のようなグレードに区別されるのです。

    スクロールできます
    グレード内容(スクリーンサイズ/欠点豆)
    エクストラファンシー7.54mm~/10粒以下
    ファンシー7.14mm~/10粒以下
    No.16.35mm~/20粒以下
    セレクトサイズに決まり無し/重さの5%以下
    プライムサイズに決まり無し/重さの25%以下

    ハワイのコーヒー豆の種類(銘柄)

    ハワイ産のコーヒー豆にはいくつかの銘柄が存在します。

    銘柄ごとにその特徴も知っておきましょう。

    コナコーヒー

    コナ地区で生産されているコーヒー豆を、コナコーヒーと呼びます。

    香りが豊かで口当たりがよく、嫌味の無い酸味が特徴的です。

    爽やかですっきりとしたコーヒーが好きな方におすすめ。

    以下の記事ではコナコーヒーについて更に詳しく解説しています。

    カウコーヒー

    カウ地区で生産されているコーヒー豆は、カウコーヒーと呼ばれています。

    酸味は控えめで、フルーティーな香りとふくよかな甘味が特徴です。

    チョコレートやココナッツのような風味を楽しめます。

    マウイ・モカ

    マウイ島北部のリゾート地として知られているカアナパリ地区にある、「カアナパリ農園」で生産されているコーヒー豆です。

    他のコーヒー豆よりも小粒なのが特徴で、生産量が少ないため希少価値の高い銘柄と言われています。

    しっかりとしたコクと苦味に加え、赤ワインやチェリーのような甘味を楽しめます。

    ワイアルア

    オアフ島北部ハレイワ地区で生産されているコーヒー豆です。

    元々は最規模なサトウキビプランテーションだった場所で栽培されています。

    良質な甘みとオレンジのように明るい酸味が特徴です。

    カウアイコーヒー

    ハワイ島最大のコーヒー生産地と言われている、カウアイ島で栽培されているコーヒー豆です。

    優しい酸味と甘味のバランスが良く、すっきりとした味わいを楽しめます。

    スパイシーでナッツのような香りが特徴的です。

    まとめ

    ここまで、今回はハワイ産のコーヒー豆について詳しく解説しました。

    アメリカ国内で唯一コーヒー豆が生産されているハワイは、高品質なコーヒー豆を育てるのに最適な環境が整っているのです。

    本場ハワイでも、日本国内でも手軽に試すことができます。

    ハワイ産のコーヒー豆をまだ飲んだことがないという方は、フルーティーで爽やかな風味と酸味を是非味わってみてください。

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる