ウイスキーとコーヒーのカクテルおすすめ4選と作り方(レシピ付き)

    ウイスキーをコーヒーで割ったカクテルは相性が抜群と人気です。

    この記事では定番のアイリッシュコーヒーからコーヒー豆をウイスキーに漬けたコーヒー酒まで全部で4種類をご紹介します。

    全て作り方も載せていますので、試してみてはいかがでしょうか。

    目次

    ウイスキーのコーヒー割り「アイリッシュコーヒー」

    アイリッシュコーヒー

    ウイスキーのコーヒー割りと言えば、アイリッシュコーヒーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

    ここではアイリッシュコーヒーとはどんな飲み物かと作り方を解説します。

    「アイリッシュコーヒー」とは

    アイリッシュコーヒーとは1940年代のアイルランド発祥の飲み物です。

    当時はアメリカとイギリス間の飛行艇の乗客向けに、寒さの厳しいアイルランドで身体を温めるために提供されていました。

    ウイスキーとコーヒー、砂糖を混ぜ最後に生クリームを浮かべたアイリッシュコーヒーは、滑らかな飲み心地や繊細な香りと味が特徴です。

    ウイスキーは基本的には何を使っても良いとされていますが、ジェムソンやブッシュミルズだとクセが少なく仕上がります。

    垂らすウイスキーによって名称が変わる

    アイリッシュコーヒーは、垂らすウイスキーによって名称が変わります。

    スクロールできます
    名称使用するウイスキー
    ゲーリックコーヒースコッチウイスキー
    ケンタッキーコーヒーバーボン
    カフェ・サンフランシスコアイリッシュ・ミスト
    カフェ・コレット自分の好きなウイスキー

    作り方は一緒ですが、ウイスキーの種類を変えるだけでこれほど名称が変わります。

    味や香りにも変化が出るので、飽きずに楽しめる魅力的ですね。

    アイリッシュコーヒーの作り方

    ここではアイリッシュコーヒーの作り方を説明します。

    ポイントはお酒とコーヒーを注ぐ順番です。

    <材料>
    深めの焙煎をしたコーヒー120ml
    アイリッシュウイスキー20ml
    白ザラメ15g
    生クリーム20ml

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    グラスを温め、白ザラメをいれる
    STEP
    2にアイリッシュウイスキー、コーヒーの順番で注ぎいれる
    STEP
    生クリームを浮かべて完成

    ニッカウヰスキーでの代用も可能

    アイリッシュコーヒーは、ニッカウヰスキーでも代用できます。

    ただしニッカウヰスキーはスコッチウイスキーになるため、正確にはゲーリックコーヒーです。

    本格的なアイリッシュウイスキーがあればいいのですが、もしニッカウヰスキーしか手に入らない場合は試してみてください。

    他にもある美味しいウイスキーとコーヒーのカクテル

    アイリッシュコーヒー以外にも、美味しいウイスキーとコーヒーのカクテルはあります。

    以下ではカウボーイとカフェ・コレットを説明します。

    ウイスキー x コーヒー牛乳「カウボーイ」

    カウボーイは、ウイスキーとコーヒー牛乳を組み合わせた飲み物です。

    牛乳を使うことで、ウイスキーのアルコールの強さやコーヒーの苦みを緩和できるので飲みやすさが特徴です。

    <材料>
    ウイスキー45ml
    コーヒー牛乳105ml
    砂糖適量

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    氷の入ったグラスにウイスキーを注ぐ
    STEP
    2に、コーヒー牛乳を注ぎ、お好みで砂糖を混ぜたら完成

    ウイスキー x エスプレッソ「カフェ・コレット」

    エスプレッソは苦みが強くて苦手という人でも、美味しく飲めるのがカフェ・コレットです。

    お酒はウイスキーに限らず、ブランデーなど自分の好きなお酒を使えるのが特徴になります。

    <材料>
    深煎りのコーヒー100ml
    ウイスキー10ml
    ホイップクリーム30ml

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    カップにコーヒーを入れる
    STEP
    好みのウイスキーを混ぜる
    STEP
    ホイップクリームを浮かべて完成

    スタバで飲めるウイスキーとコーヒーのカクテル

    コーヒーのイメージの強いスタバですが、コーヒーカクテルもあります。

    スターバックス リザーブ ロースタリー 東京の3階がARRIVIAMO BARとなっており、オープンテラスもあるので人気です。

    次で紹介するノンアルコール「バレルエイジド コールドブリュー」は、ノンアルコールでありながらお酒の風味もコーヒーの味も楽しめるのでおすすめですよ。

    ノンアルコール「バレルエイジド コールドブリュー」

    ノンアルコール「バレルエイジド コールドブリュー」は、バーボンウイスキーの樽の中でコーヒー豆を熟成し、それをコールドブリューで抽出したコーヒーになります。

    ノンアルコールのコーヒーではありますが、熟成した分バーボンウイスキーの香りをしっかりと感じるため大人の味わいです。

    価格は1,320円(税込)とやや高めですが、贅沢な気分を味わいたい時にぴったりですよ。

    「コーヒー豆漬けウイスキー」もおすすめ

    ウイスキーとコーヒーを使ったお酒でコーヒー豆漬けウイスキーもおすすめです。

    なじみがない人もいるので、ここではコーヒー豆漬けウイスキーの作り方まで説明します。

    コーヒー豆漬けウイスキーとは

    コーヒー豆漬けウイスキーとは、コーヒー豆をウイスキーにつけこんで作られたコーヒー酒です。

    ウイスキー本来の香りや味を基本に、コーヒーの苦みも感じられるのが特徴になります。

    ストレートで飲んでも美味しいのですが、牛乳や炭酸水で割って飲んでも美味しいので様々なアレンジを楽しめます。

    作り方

    <材料>
    コーヒー生豆200g
    ウイスキー1000ml

    焙煎後のコーヒー豆を使用する場合は、STEP4のみを実施してください

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    コーヒー生豆を良く振りながら30分間煎る
    STEP
    深煎りした直後は扇風機などで粗熱をとる
    STEP
    瓶にウイスキーと3の豆を入れて、1週間程漬けこんで完成

    注意点としては長く漬け込むと、苦みが出すぎてしまいます。
    1週間を目安に様子をみながら漬けると失敗しにくいです。

    まとめ

    コーヒーとウイスキーの相性が良いだけではなく、アレンジも豊富にあるので飽きがきにくいです。

    ウイスキーの種類を変えるだけで味や香りに変化が出ますが、シナモンやはちみつをトッピングして楽しむこともできます。

    店と自宅どちらの場合でも、ウイスキーとコーヒーの繊細な組み合わせは贅沢な気持ちになるので、お気に入りの1杯を楽しんでくださいね。

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる