コーヒーをベースにしたカクテルおすすめ9選と作り方(レシピ付き)

    コーヒーやコーヒーリキュールをベースに作ったコーヒーカクテルというお酒をご存知でしょうか?

    甘いものからコーヒー豆の味わいを感じるものなど種類が豊富にあります。

    コーヒー好きの方はもちろん、コーヒーをベースにした甘いカクテルは女性に人気です。

    この記事ではコーヒーカクテルの中でもおすすめしたい9選と作り方(レシピ)をご紹介します。

    目次

    コーヒーカクテルとは

    コーヒーカクテルとは、コーヒーとお酒の各要素を組み合わせた飲み物です。

    組み合わせるお酒はウイスキーやブランデーなどの洋酒が多いですが、焼酎やワインでもコーヒーカクテルは作れます。

    コーヒーカクテルの組み合わせはお酒にコーヒーを混ぜるだけではなく、コーヒーリキュールを使う場合や、コーヒー豆をそのまま使う場合もあります。

    組み合わせの種類は100種類以上と言われており、自由に味を楽しめるのが魅力的です。

    コーヒーカクテルのおすすめ6選と作り方(レシピ)

    ここでは自宅でもすぐに楽しめるおすすめコーヒーカクテルの作り方(レシピ)を6つ紹介します。

    どのコーヒーカクテルにも共通するポイントは、使うコーヒー豆の焙煎は深煎りの方が良いという点です。

    強いお酒を使うので、焙煎が浅いとコーヒーの存在感が弱まります。

    作り方は簡単なため、コーヒーやお酒の味にマンネリを感じている方は試してみてください。

    【ウィスキー】アイリッシュ・コーヒー(ホットカクテル)

    アイリッシュコーヒーカクテル

    アイリッシュ・コーヒー(ホットカクテル)は、ザラメの甘さがまろやかなコーヒーカクテルです。

    そのレシピは次の通りになります。

    <材料>
    ・コーヒー120ml
    ・アイリッシュウイスキー20ml
    ・白ザラメ15g
    ・生クリーム20ml

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    グラスを温め、白ザラメを入れる
    STEP
    アイリッシュウイスキー、コーヒーの順に入れる
    STEP
    その上に生クリームを乗せて完成

    【ウォッカ】エスプレッソ・マティーニ

    The World’s Best-Selling Classic Cocktails 2019でも選ばれたクラシカルカクテルの1つが、エスプレッソマティーニです。

    エスプレッソが苦くて飲めない人でも、お酒で苦さが緩和されるので飲みやすいですよ。

    <材料>
    ・氷適量
    ・ウォッカ30ml
    ・カカオリキュール15ml
    ・コーヒーリキュール15ml
    ・エスプレッソ30ml

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    氷をグラスに入れ冷やしておく
    STEP
    グラス用の氷とは別の氷と、残りの材料をすべてシェイカーに入れて振る
    STEP
    良く混ざったら、茶こしでこしながらグラスに注いで完成

    【ウォッカ】ホワイト・ルシアン

    ホワイト・ルシアンのお酒のベースはウォッカになります。

    名前のルシアンはロシアを意味し、一面雪景色のロシアの風景をイメージして作られたという説もあります。

    <材料>
    ・ウォッカ40ml
    ・カルーアコーヒーリキュール20ml
    ・生クリーム20ml

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    氷を入れたロック用のグラスに、ウォッカとカルーアコーヒーリキュールを入れて軽く混ぜる
    STEP
    生クリームを浮かべて完成

    【ウォッカ】ブラック・ルシアン

    ブラック・ルシアンは、ホワイト・ルシアンから生クリームを抜いたものになります。

    コーヒーリキュールの甘さと香りをやや感じる味わいです。

    <材料>
    ・ウォッカ40ml
    ・カルーアコーヒーリキュール20ml

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    氷を入れたロック用のグラスに、ウォッカとカルーアコーヒーリキュールを入れて軽く混ぜ完成

    【テキーラ】コーヒー・インフューズド・テキーラ

    コーヒー・インフューズド・テキーラのインフューズとは、お酒にハーブやコーヒーの香りをつけることを言います。

    梅酒のコーヒーバージョンとイメージするとわかりやすいですね。

    <材料>
    ・カットしたバニラポッド(豆) 1個
    ・テキーラ・ブランコ 600ml
    ・挽きたてのコーヒー 105ml
    ・デメララ・シロップ 105ml

    <デメララ・シロップの材料>
    ・水 210ml
    ・デメララ糖、甘蔗糖(かんしょとう)、グラニュー糖のいずれか 105ml
    ・あればゴールデンシロップまたはコーンシロップ大さじ1

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    24~72時間テキーラにバニラポッドを入れて浸す

    様子を見ながら、香りが強くなりすぎない程度に浸す

    STEP
    適度にバニラの香りが付いたら、挽きたてのコーヒーを入れてよく混ぜる
    STEP
    コーヒーフィルターでこしながら注ぐ
    STEP
    デメララ・シロップを加えてよく混ぜたら完成

    【ビール】カフェ・コン・セルベッサ

    ビールとコーヒーで作るカクテル

    自宅にあるビールを活用したい人におすすめです。

    スペインのバルで親しまれている伝統的な味を、自宅で楽しめるのは贅沢ですね。

    <材料>
    ・ビール50ml
    ・エスプレッソ50ml

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    グラスを冷蔵庫または冷凍庫で冷やしておく
    STEP
    材料を全てグラスに注ぎ、混ぜると完成

    ノンアルコールコーヒーカクテル3選と作り方(レシピ)

    コーヒーは好きなものの、アルコールに弱い体質だとお酒を楽しめないという人もいますよね。

    ここではコーヒーのノンアルコールカクテルを3種類紹介します。

    子供でも楽しめるメリットがあるので、家族で味わえますよ。

    オレンジアイスコーヒー

    <材料>
    ・コーヒー120ml
    ・オレンジジュース50ml
    ・ガムシロップ10ml
    ・オレンジ1切れ
    ・ロックアイス適量

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    グラスにロックアイスを入れる
    STEP
    オレンジジュース、ガムシロップ、コーヒーの順番に注ぎ入れる
    STEP
    グラスのふちにカットしたオレンジを飾って完成

    モヒートカフェ

    のど越しが良く、ミントの香りがさわやかな味です。

    材料がそろえば簡単にできるので、夏にピッタリな飲み物になります。

    <材料>
    ・抽出したコーヒー10~20ml
    ・蜂蜜10ml
    ・ライム1/4個(3~4個にカットしておく)
    ・ミントの葉10枚
    ・炭酸水100ml
    ・氷適量

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    グラスに蜂蜜、ライムを入れてつぶすように混ぜる
    STEP
    2にミントの葉と氷を入れて、香りが出るまで混ぜる
    STEP
    3に炭酸、コーヒーの順番で入れたら完成

    キャラメルラテコーヒー

    スイーツのような甘さが人気のキャラメルラテコーヒー。

    自宅で店の味を再現できるレシピを紹介します。

    <材料>
    ・牛乳150ml
    ・お湯40ml
    ・コーヒー(インスタント)小さじ1.5杯
    ・キャラメルソース大さじ1
    ・氷適量

    <トップング>
    ・ホイップクリーム大さじ2
    ・キャラメルソース大さじ1

    STEP
    材料を用意する
    STEP
    グラスにお湯とインスタントコーヒーを入れ、溶かす
    STEP
    2にキャラメルソースを入れてよく混ぜる
    STEP
    3に牛乳を入れてよく混ざったら氷を入れる
    STEP
    ストローを指し、ホイップクリームを乗せる
    STEP
    つまようじで整えながらキャラメルソースを乗せて完成

    まとめ

    普段飲むコーヒーやお酒でも、アレンジすれば味が変わりより楽しめます。

    どのレシピも作り方は混ぜるだけなので、時短で簡単です。

    毎日のコーヒータイムや晩酌の時間に、お店の味を自宅で満喫してみませんか?

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる